ブリオレットカット☆ダイアモンドネックレス「白象の涙」

真っ白な美しい子供の象の涙
清らかな透明さ
触れたらなくなってしまいそうな儚さ
消えてしまいそう
そう思うけど
このような美しさほど強く、永遠であること

このものがたりが教えてくれる


宮沢賢治 「オツベルと象 / 第五日曜 」より抜粋

a0135756_1883689.jpg
  オツベルかね、そのオツベルは、おれも云おうとしてたんだが、居なくなったよ。
 まあ落ちついてききたまえ。前にはなしたあの象を、オツベルはすこしひどくし過ぎた。しかたがだんだんひどくなったから、象がなかなか笑わなくなった。時には赤い竜の眼をして、じっとこんなにオツベルを見おろすようになってきた。
 ある晩象は象小屋で、三把の藁をたべながら、十日の月を仰ぎ見て、
「苦しいです。サンタマリア。」と云ったということだ。
 こいつを聞いたオツベルは、ことごと象につらくした。
 ある晩、象は象小屋で、ふらふら倒れて地べたに座り、藁もたべずに、十一日の月を見て、
「もう、さようなら、サンタマリア。」と斯う言った。
「おや、何だって? さよならだ?」月が俄かに象に訊く。
「ええ、さよならです。サンタマリア。」
「何だい、なりばかり大きくて、からっきし意久地のないやつだなあ。仲間へ手紙を書いたらいいや。」
月がわらって斯う云った。
「お筆も紙もありませんよう。」象は細ういきれいな声で、しくしくしくしく泣き出した。
「そら、これでしょう。」すぐ眼の前で、可愛い子どもの声がした。象が頭を上げて見ると、赤い着物の童子が立って、硯と紙を捧げていた。象は早速手紙を書いた。
「ぼくはずいぶん眼にあっている。みんなで出て来て助けてくれ。」
a0135756_1883861.jpg
 童子はすぐに手紙をもって、林の方へあるいて行った。
 赤衣の童子が、そうして山に着いたのは、ちょうどひるめしごろだった。このとき山の象どもは、
沙羅樹の下のくらがりで、碁などをやっていたのだが、額をあつめてこれを見た。
a0135756_1884411.jpg


こちらはまだショップには出ておりません。
ですので、先に詳しい情報を‥

ご興味ある方は下記をご覧下さいませ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓



ブリオレットカット☆ダイアモンドネックレス「白象の涙」 詳細情報

0.597ct
サイズ:4.03mm × 2.57mm × 5.75mm
カラー:G
クラリティ:VS-2

中央宝石研究所のグレーディングレポート付

チェーン等の金属部はすべて18kgold

価格:23万円(税込)

ご興味ある方は、お手数ですが、
http://honeygo.jp/

当店の「お問い合わせ」よりメールをいただけますでしょうか。
どうぞよろしくお願いします。
by honeygo | 2013-03-22 18:48 | Honeygo☆

いろんなこと‥☆                  つれづれに♪


by honey☆spica
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30