<   2014年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

第一話

「金剛石の森」

その弐
a0135756_17281168.jpg


十字架の形をした
金剛石の森

着ける人によってジュエリーは変化する

a0135756_12531735.jpg

いわゆるクロスの形状ですが
漢字の「十」にもかけているそうです
そのせいか そこはかとない「和」の薫りがいたします
そして
植物を意識したフォルム
いけばなの師範でもある落合氏のこだわりで
自然の美しさに勝るものはないと
だから自然のモチーフが氏の作品には多く登場します

a0135756_13243639.jpg


蛇の口の中には カボションカットのルビー
ローズカットをほどこした漆黒のダイアモンド
それを取り囲むちいさな あこやの芥子パール
幾重にもシフォンベールをかけたような輝きのかけらも
もちろんあこやです
この辺までくると 真珠マニアの方でないとわかりにくいかもしれません
この手のあこやは本当に入手が難しいのです
もう見つけたら 何を置いても確保しないといけません
ちなみにこちらは四国の宇和島産 明浜のもの
ひとつづつ個体差があります
気が遠くなるような数から よりぬきのピースのみを留めました

a0135756_18164700.jpg


ルビーにしても うるうるとした透明感あふれて
今にも炎が現れそうな迫力
このようなルビーもなかなかお目にかかれないでしょう
*
宝石において小さな石というのは 時に価格が安くどころか
高額になることも多々あります
*
小さな ひと粒には価値があるの?
さきほどのあこや芥子パールもしかり
それは希少なこと もちろんクォリティが高いことが理由です

a0135756_13263382.jpg


金は18kイエローゴールドに いぶしをかけてアンティークの風情を出してます
これらの写真はすべて マクロレンズを使用しております
いわば虫眼鏡で見ているのと似てます
アップの写真などは眺めていて飽きないです
なぜなら ここかしこに極上の技が散りばめられているから
*
いかにもという風でなく
しかしながら 素材のラインナップのマニアックさ
それに極上の技が加わると
隠し切れない「凄み」や「色気」が現れます
*
それが落合氏の作品なのです
*

アンティークジュエリーのように 長い時間を
色んな人にご愛用いただく

本気のジュエリーです





a0135756_11571768.jpg 

 

 落合 繁寿氏について
     *
 神奈川県 茅ヶ崎市 出身
 日本大学 生産工学部卒
 1988年 京都の工房 入社
 1998年 大阪に、スタジオ OCHIAI 設立
 2003年 アトリエ Athenaに改名
     *
 一級国家技能士
 JC(ジュエリーコーディネーター)2級
 いけばな『草月流』師範
 ジュエリーアワード 他 国内コンペ数々受賞






有限会社オペラピンクにてこちらの作品を取り扱っております
ご興味ある方はお手数ですが、
弊社ショップ Honeygo のお問い合わせよりご連絡くださいませ。

*こちらの作品は、
「宝石が大好きで、この作品をごらん頂き、気に入ってくださった方」
に直接お譲りしたいと思っております。
ですので、業者さまにはご遠慮いただいております。
誠に勝手なことで申し訳ございませんが、ご了承いただきますようお願い申し上げます。



by honeygo | 2014-03-31 19:41 | 落合繁寿氏の世界*第一話「金剛石の森」

いろんなこと‥☆                  つれづれに♪


by honey☆spica
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31